バレンシアガの印象について

バレンシアガは「エディターズバッグ」が流行するまで「ロベルト?」や「?バレンチノ」のようなイトーヨーカドーでも売っていそうな三流のブランドでバングルタイプの腕時計やハンカチなど庶民にも手の届きやすい商品という認識をしていた。

「エディターズバッグ」が流行ってからは高級路線に変わってバッグ以外に財布などの商品展開もしてきたが、それ以降のヒット商品に恵まれず中古ブランドショップでも沢山の商品が出回る様になってきた。

バレンシアガのこれらの商品の中でも特に革製品は、ジッパーが壊れやすかったり皮が薄く痛みやすいため人気が落ちて来ていると思う。

値段も高価なため、新しくバレンシアガの商品を買う人は減って来ている。今バレンシアガの商品を持っている人はオシャレでは無いと思う。

また最近は大草直子や三尋木奈保などのエディターがファッションコーディネート本を出版し話題になっているが、バレンシアガのバッグを持っているのは見かけない。

まずエディターが使っていないのはまずいと思う。

有名芸能人がバレンシアガのドレスを時々着ていたりもするが馴染みがないせいかあまり話題にはならない。バレンシアガはどの年齢層のどういうファッション傾向の人向けなのかがはっきりしない印象がある。

商品自体からは線が細く華奢でシンプルな印象を受ける。バレンシアガに似ているブランドはクロエやアンテプリマ、パコラバンヌ、ランセル、セリーヌが思い浮かぶ。

これらのブランドも地味な印象はあるがセリーヌは次々にヒット商品のバッグを作っているので、有名なファッションブログやエディターさんの本の中でもよく見かける。

ブランドイメージや商品の質、販売戦略などこれからも多くの課題があるブランドだと思う。もっと丈夫で大人向けの清楚でエレガントな商品を作ってほしい。

あっ、でもバレンシアガのトートバッグは可愛くて好き!人気があるバッグですよね。

これは私も購入しました。ZOZOTOWNで(笑)しかもツケ払い。

このツケ払いの支払日にお金がなくて、本気でどうしようか困りましたが。【ツケ払い払えないとどうなる?

この時はどうにかして支払えたけど、ツケ払いはもっと計画的に使わなければ。。。便利だけどある意味危険だ。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です